プロ初先発の2年目左腕・上原は、4回0/3を投げ6安打4失点。敗戦投手となったが、敵地のマウンドで確かな手応えをつかんだ。

 一回は三つのアウトを全て三振で奪う上々の滑り出し。二回二死から外崎に左中間スタンドへソロ本塁打を献上した。三回にも秋山の右前適時打で1点失った。五回に無死から炭谷、金子侑に連打を浴び降板となったが、6三振を奪うなど持ち味を発揮した。

 打球が当たるアクシデントもあったが、「もう少し長いイニングを投げないといけないけど、そこを除けば自分のやりたいことはできたと思う」と上原。次回も1軍の舞台で先発としてチャンスが与えられる見込みだ。

...    
<記事全文を読む>