東北楽天の釜田が雨の悪条件下で先発し、7回2失点と踏ん張った。降板後のチームの逆転劇に「島内さんとアマダーが打ってくれ、チームが勝って良かった」と笑顔を見せた。

 立ち上がりから「ストライクとボールがはっきりした投球だった」と制球に苦しんだ。先頭打者の出塁を4度許し、四回は守備の乱れも絡んで2失点。しかし、六回1死満塁のピンチでは追加点を許さなかった。

 「守ってもらう時間が長く、野手の皆さんがリズムに乗りにくかったと思う」と反省しつつ「走者を置いても、大崩れしなかった」と振り返った。

...    
<記事全文を読む>