<西武4-0日本ハム> 西武の多和田真三郎(富士大)は高い修正能力を見せ、序盤の制球難から立ち直った。二回までは4安打を浴びるなど苦しんだが、その後は1四球のみで7回無失点。2勝目を挙げ「三回以降は思い描いた通りに投げられた」と目を細めた。

 立ち上がりは「左肩が入り、引っ掛けていた」と言う。生命線のスライダーの制球が乱れ、右打者の外角に大きく外れた。一、二回ともに2死一、二塁のピンチを招く厳しい投球だった。

 捕手の岡田は「曲がり過ぎるなら、外でなく内に」との狙いから右打者の内角にミットを構えた。これが立ち直りのきっかけとなった。六回の先頭打者から4者連続で三振を奪った。その中でも圧巻は...    
<記事全文を読む>