東北楽天の美馬が五回3失点と苦しみながら、6月10日の広島戦以来の勝ち投手となり、今季8勝目を手にした。

 普段に比べて制球が甘く、一回に2安打で先制されると、二、四回にも1点ずつ失った。「(15日の)オールスター戦で全力で投げ過ぎて変なタイミングになり、修正できなかった。投げる球がなかった」と反省した。

 それでも梨田監督は「今まで美馬を援護できなかった試合が2試合ぐらいあったが、今日は野手が頑張ってくれた」と笑顔。美馬も「久々に勝たせてもらった」と打線に感謝した。

...    
<記事全文を読む>