東北楽天の岡島が2-3の八回、3号ソロでゲームを振り出しに戻した。金子の外角高めの速球を振り抜いて左翼席ぎりぎりに運んだ。「出塁することを考えて打席に入った。入って良かった」と汗を拭った。

 「1、2打席目はコーナーに決まっていたので、正直打てる球がなかった」と金子に苦しんだ。チームは五、七回に1点ずつ返したことから「ベンチの雰囲気は良かった。いける感じはあった」と殊勲の一発を振り返る。

 九回の第4打席はサヨナラの場面で一本が出ず、「あそこで打てなかったので」と手放しで喜ぶ様子はなかったが、立派に逆転勝ちの足掛かりをつくった。

...    
<記事全文を読む>