<西武8-5日本ハム> 西武の菊池は8-3の七回1死から連打で一、二塁とされ、交代を告げられた。ベンチに下がる表情に笑みはなかった。リーグトップに並ぶ9勝目を挙げても、6回1/3で8安打3失点の内容に「最低限の投球。走者を残しての降板は悔やまれる」と反省を口にした。

 1点を先制してもらった直後の二回、先頭打者に失策で出塁されると、2死から石井一に同点二塁打を浴びた。5-1としてもらった六回にも2点を失った。「抑えれば流れが来る、というところで抑えられず残念」と唇をかんだ。

 それでも昨季のように制球を乱さないことで大崩れはしない。

 菊池は「残り、投げる試合は全部勝つつもり」と最後に意地をの...    
<記事全文を読む>