劇的なサヨナラ勝ちに沸く東北楽天選手の輪の中心にいたのは島内だった。3-3の延長十回、ベンチもファンも待ち望んだ決勝打。一塁ベースを回ると仲間から手荒い祝福を受け、「劣勢から逆転できたのは大きい」とかみしめた。

 延長十回2死二塁、打席で対したのはオリックスの守護神平野。長身から投げ下ろす落差の大きいフォークボールが武器の右腕だ。

 初球のフォークにバットが空を切る。「球が良過ぎた。(コースに)決まったら打てない」。フルカウントからフォーク攻めに遭ったが2球続けてファウルで食らい付き、3球目を右前にしぶとく運んだ。「何球も見ていく中で対応できた」と粘りの一打だった。

 試合後のお立ち台では「...    
<記事全文を読む>