東北楽天が延長戦の末にサヨナラ勝ち。2-3の八回に岡島の3号となる左越えソロで追い付くと、延長十回、2死二塁から島内の右前適時打で勝ち越した。先発古川は五回途中3失点で降板したが、その後は戸村、金刃、松井裕が無失点で踏ん張った。十回を抑えた福山が6勝目。

 オリックスは先発金子が8回3失点と粘ったが、六回以降は打線の援護を得られなかった。

 東北楽天-オリックス11回戦(東北楽天9勝1敗1分け、18時3分、Koboパーク宮城、22,943人)オリックス0010200000 =3東北楽天 0000101101×=4(延長10回)(勝)福山38試合6勝1S(敗)平野39試合2勝6敗19S(本)...    
<記事全文を読む>