7回無失点と好投した東北楽天の先発塩見は「(5回4失点だった9日西武戦での)前回登板と比べたら、制球と直球の切れも、変化球の精度も良かった」と振り返った。

 一回は2安打などで2死一、二塁とされたものの、大谷(岩手・花巻東高出)を直球で投ゴロに仕留めた。これで勢いに乗り、二~六回は二塁を踏ませない力投。七回は2死満塁のピンチを切り抜けて降板し、「先制点を与えると空気が重くなるので、抑えられて良かった」と話した。

 後を継いだ2番手福山が3失点したため、勝ちは付かなかった。それでも「サブ(福山)も人間だし、ミスをする時もある。『気にしなくていい』と声を掛けた」と同僚を思いやった。
...    
<記事全文を読む>