東北楽天打線は六回に3点を先取した。勝ち試合の展開に持ち込んだかに見えたが、八回に同点とされると、延長で勝ち越せずに終わった。

 相手投手が先発吉田から2番手谷元に代わった六回、先頭銀次が右翼線二塁打で出塁し、1死二塁から今江の中前打で先制。さらに2死一、二塁から島内の中越え2点二塁打と畳み掛けた。この日、3安打を放った島内は「甘い球を確実に仕留められている」と手応えを口にした。

 しかし、終わってみれば、五回までに再三好機をつくりながら吉田を打ち崩せなかった拙攻も響いた。銀次は「打てそうな感じはあったが、捉えられなかった」と反省した。

...    
<記事全文を読む>