九回1死一塁で、一塁手銀次と遊撃手三好が見事な連係で併殺を完成させ、窮地をしのいだ。

 左打ちの田中賢が引っ張った打球は一塁線への痛烈なゴロに。銀次が難しいバウンドを巧みに捕って一塁を踏み、すぐさま二塁へ送球。ボールは二塁左側にバウンドしてそれたが、三好が好捕。続けざまに二塁へ滑り込んだ一走太田に素早くタッチしアウトにした。

 銀次は「打球が来そうだと準備していた上でのベストプレーだった」と胸を張った。一方の三好は「銀次さんには後で『もう少しいい送球をしてくださいよ』と冗談を言いましたが、2人でピンチをしのげてよかった」とほっとした様子だった。

...    
<記事全文を読む>