東北楽天は後半戦初戦を取って、球団史上最多タイの貯金27に到達した。立役者は6回1失点の辛島で、岸、美馬に並ぶ7勝目を挙げた。9勝の則本を含めた3本柱に続く左腕として、「4、5本目の柱が欲しい」と話していた梨田監督に存在をアピールした。

 一、四、五回と得点圏に走者を背負いながらも、低めや内角を巧みに突いて粘った。左翼から右翼方向へ吹き荒れた強風も味方に付け、強振してくる右打者を巧みに仕留めた。狙い通りだったのが、1-0の四回2死二塁、ドレイクを低めの直球でフェンス際での左飛で料理した場面。一方、「唯一うまくいかなかった」と反省したのが2-0の六回、レアードに許した右越えのソロだった。

 ...    
<記事全文を読む>