東北楽天はパ・リーグのペナントレースを首位で折り返し、18日の日本ハム戦(北海道・函館)から後半戦に挑む。

 前半戦を首位で終えるのは、初めてリーグ優勝と日本一に輝いた2013年以来。50勝24敗1分けの貯金26と、13年の同12を上回るハイペースで白星を積み上げており、4年ぶりのリーグ優勝に期待が高まる。

 今季は開幕4連勝とスタートダッシュに成功し、波に乗った。先発は新加入の岸と、則本、美馬が3本柱を形成し、チームの勝利数の半分近い、計23勝を挙げている。則本は6月1日に7試合連続2桁奪三振のプロ野球新記録を達成し、その後、記録を8試合連続に伸ばした。

 救援陣も安定し、守護神松井裕がリ...    
<記事全文を読む>