東北楽天の松井裕は全パの守護神として4点リードの九回に登板し、三者凡退で締めた。「バックがにぎやかにもり立ててくれたので、楽しく投げられた」とリラックスした表情で語った。

 シーズンさながらの力投だった。丸を初球であっさり二ゴロに打ち取ると、ゲレーロは高めの直球で空振り三振。鈴木には外角の直球を詰まらせて中飛に仕留め、わずか9球で役目を終えた。全て直球で最速は150キロをマーク。捕手の田村(青森・光星学院高出)に「好きな球を投げてこい」と言われたそうで「好きな球を投げました」といたずらっぽく笑った。

 2年前の初出場時はイニング途中の走者を背負った場面で登板し、田中に適時打を許した。今回、...    
<記事全文を読む>