3年連続のAクラス(3位以上)で前半戦を終えたベイスターズ。貯金を蓄えてターンするのは2007年以来、10年ぶりだ。投打がかみ合って苦手の交流戦を勝率5割でしのぎ、2位阪神を射程圏内に捉え、広島の背中を見据える。前半戦の軌跡をたどる。

...    
<記事全文を読む>