東北楽天の松井裕が、サファテ(ソフトバンク)に並ぶリーグ1位の27セーブ目を挙げた。「意識していたので、すごくうれしいです」と笑顔を見せた。

 2点リードの九回に登板し、先頭の柳田に安打を許したが、続く内川ら4~6番を完璧に抑えた。「走者を出さなければ一番良かったが、最低限の仕事はできた。これで気持ち良く(14、15日の)オールスターに行ける」と声を弾ませた。

 今季の目標、プロ通算100セーブまであと10。「まずはそこを通過点として、最終的に優勝したい。後半戦も接戦が続くと思うので、自分の手で(勝利を)こぼさないようにしたい」と意気込みを語った。

...    
<記事全文を読む>