東北楽天の銀次が一振りで激闘に終止符を打った。同点の九回に決勝打を放ったヒーローに、梨田監督は「銀次はさすがやね。神懸かっている」と最大級の賛辞を贈った。

 ソフトバンクとの首位攻防第1戦。「タフな試合になると思っていた」と銀次が言うように、両軍譲らず同点のまま九回へ。この回から登板した守護神サファテを2死一、二塁に追い詰め、最後は銀次が攻略した。151キロの直球に力負けせず、ゴロでしぶとく右前にはじき返した。2ストライクと投手優位のカウントだったが、「開き直り、真っすぐに絞った」と狙いが当たった。

 終盤の決勝打は、9日の西武戦に続き2戦連続と勝負強さが光る。この日も3安打と固め打ちし、...    
<記事全文を読む>