東北楽天の先発則本が三回までにまさかの4失点。「今日はソフトバンク相手にびびった部分があった。初回の入りをもう少し自信を持って投げれば良かった」と反省した。

 「コーナーを突きすぎて苦しい投球になった」とボール先行の投球となった。一回に内川の適時二塁打、二回に上林(仙台育英高出)の2ラン、三回に中村晃の犠飛で計4失点。「3イニング続けて失点する則本なんて見たことがない」と梨田監督も心配した。

 本来の力は出せなかったが、四回以降は無失点で踏ん張り、大事な首位攻防初戦の逆転勝利を呼び込んだ。「後半の投球に良かったところはある。それを次の登板に生かせるように」と前を向いた。
<記事全文を読む>