よく食事に連れていってもらった。プロ入りしたばかりの二木康太投手は今も鮮明に覚えている。鹿児島から1人、ロッテ浦和寮に入寮をして右も左も分からず戸惑っていた時、一番最初に声を掛けてくれたのが1歳年上の田村龍弘捕手だった。甲子園は遠い世界だった二木にとってその舞台で大活躍をしていた田村はスターのような存在。テレビの向こうの選手といろいろ話が出来たのがうれしかった。

 「いつも食事に連れていってもらいました。いろいろなアドバイスをもらいました。一番、言われたのはもっと貪欲になれ。もっと欲を出せということですかね。ボクはすぐに満足することがあった。そういう点を指摘された。それではプロの世界では...    
<記事全文を読む>