東北楽天は4-4に追い付いた後の六回から4人の継投が決まった。「流れを引き寄せてくれた」と梨田監督が評価したのが六回に先陣を切った久保。一回に3ランを放ったメヒアを空振り三振に切って取ると、三者凡退で終えた。これまでリードされた場面での出番が多かったが「どんな展開でも、1点でも少なく抑えようと思った」と役割をこなした。

 七回は防御率0.00の福山。1死から3連打を浴びて満塁に陥ったが、4番中村を狙い通りの遊ゴロ併殺に打ち取った。「絶対に得点を与えまいと思った」と、初球、内角シュートで強気に攻めた結果だった。

 1点リードの八回はハーマンが2死二塁をしのぎ、九回は守護神松井裕が登板。1週間...    
<記事全文を読む>