東北楽天が4点差をはね返して逆転勝ち。貯金を今季最多の24に伸ばし、首位に2日ぶりに返り咲いた。0-4の一回にウィーラーの2点左前打、三回にはウィーラーの左越え2ランで同点とし、七回1死一、三塁から銀次の中前打で勝ち越した。先発塩見は5回4失点。七回を投げた3番手福山が4勝目を挙げた。

 西武は一回に4点を先制し二回以降も好機をつくったが、3併殺と拙攻が目立った。

 東北楽天-西武12回戦(東北楽天7勝5敗、13時、Koboパーク宮城、26,113人)西武  400000000=4東北楽天20200010×=5(勝)福山35試合4勝1S(S)松井裕37試合3勝1敗25S(敗)武隈35試合2...    
<記事全文を読む>