世界保健機関(WHO)が定める世界肝炎デー(28日)にちなみ、岡山大病院は地域の医療機関と連携して、プロ野球とサッカーJ2の公式戦会場で啓発イベントを開く。各500人を対象に無料の肝炎ウイルス検査を行う。

 11日に倉敷市のマスカットスタジアムであるプロ野球公式戦「阪神―中日」の会場では午後2時~7時、30日に岡山市のシティライトスタジアムで行われるファジアーノ岡山―V・ファーレン長崎戦では同1時~6時に実施する。検査は採血して行い、結果は後日郵送する。

 同病院によると、肝炎ウイルスは感染しても自覚症状がなく、肝硬変や肝がんなど重篤な病状になって発見されることも多い。一方で、適切な治療を...    
<記事全文を読む>