勝利への思いを乗せた打球が左翼線を破ると、東北楽天ベンチは歓喜に包まれた。2-2の八回、代打アマダーが勝ち越しの2点二塁打。追い付かれた直後の攻撃とあって、寡黙な助っ人は「少なくとも1点をチームのためにと思って打席に入った」。献身の気持ちが生んだ一打だった。

 八回は代わったばかりのシュリッターを小技で揺さぶった。無死一塁から聖沢が捕手前へのバント安打で出塁し、続く今江が三塁側へ打球を転がすセーフティーバントで相手の意表を突いた。すると、シュリッターが打球を捕り損ねて犠打失策となり、労せずして無死満塁の好機を築いた。

 球場を埋め尽くしたファンの期待は最高潮に達する。大声援を受けたアマダー...    
<記事全文を読む>