東北楽天が終盤の競り合いを制した。2-2の同点とされた直後の八回、無死満塁から代打アマダーの左翼線を破る2点二塁打で勝ち越した。先発美馬は6回無失点。2点リードの九回は松井裕が三者凡退で締め、24セーブ目を挙げた。

 西武は連勝が4でストップ。七回までわずか2安打に抑えられ、八回に代打山川の2ランで追い付く粘りを見せたが、4番手シュリッターが崩れた。

 東北楽天-西武11回戦(東北楽天6勝5敗、16時1分、Koboパーク宮城、27,387人)西  武000000020=2東北楽天02000002×=4(勝)ハーマン31試合2勝1S(S)松井裕36試合3勝1敗24S(敗)シュリッター38試合...    
<記事全文を読む>