東北楽天の菅原が七回、3番手で約1カ月ぶりに登板し、西武の中軸から2三振を奪って無得点に抑えた。「課題だった四球を出さず、良かった」と手応えを語った。

 4番中村にはフルカウントから低めにスライダーを決め、空振り三振に仕留めた。「直前のスライダーが抜けたが、1球で修正できた。2軍で練習した成果」とうれしそう。

 前回登板したヤクルト戦(6月13日)で3連続四死球を与え、2軍落ちした悔しさを生かした。「結果を残して、もっといい場面で投げられるようにしたい」と一層の奮起を誓った。

...    
<記事全文を読む>