西武の秋山(八戸大出)が3安打4打点でチームを3連勝に導いた。0-1の三回に右越えの2点二塁打を放つと、4-5の六回1死二、三塁では宮西から2点適時打を放ち、再び試合をひっくり返した。「自分の打撃をすることだけに集中していた」と胸を張った。

...    
<記事全文を読む>