あの夏を全力で戦い抜いた経験はプロとなった今も生き続けている。東海大相模出身で、昨季25年ぶりのセ・リーグ制覇を果たした広島のリードオフマン・田中広輔。今春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、侍ジャパンでもプレーした28歳は「僕の根本は高校時代に築かれた」と、3年間を振り返る。

...    
<記事全文を読む>