大谷が試合前練習で打撃投手を務め、投手としての1軍登板に向けて調整した。清水と杉谷に計50球を投げ、ヒット性の当たりを許さなかった。

 直球を中心にカーブとスライダーを交え、最速は153キロ。ほぼ半分がストライクゾーンを外れるなど制球は安定しなかったが、清水は「迫力があった。出どころが見づらくて打ちにくかった」と感想を話した。

...    
<記事全文を読む>