プロ野球北海道日本ハムの選手たちが動物に扮(ふん)し登場する人気の絵本「もりのやきゅうちーむふぁいたーず」(北海道新聞社刊)の第3弾が今冬にも発売されることが決まった。新作のテーマは「宇宙」。大田泰示外野手が犬のドーベルマン、高梨裕稔投手がナキウサギなど、新たな動物も登場予定で、子供たちに、北海道の大自然や美しい夜空に興味を持ってもらおうと、製作に励んでいる。

 日本ハムが取り組む読書促進キャンペーンの一環。第1、2弾同様、ストーリーを日本ハムの選手会、名寄市在住の絵本作家堀川真さんが絵を担当する。

 新作は、満天の星空に魅了された主人公の子グマ「びーくん」が、「ふぁいたーず」の仲間と共に...    
<記事全文を読む>