ハードオフ新潟で4日に予定されていた横浜DeNA-阪神10回戦は雨天中止となった。今季3勝6敗と大きく負け越している2位阪神とは、これで4試合目の中止となり、ラミレス監督は「去年から阪神戦は成績が悪く、今年も思うような成績ではない。相手もベストな投手を出してくるので、なるべく差を離されないようにしたい」と意気込んだ。

 球宴までは8連戦となる。前カードで巨人を今季初の3タテで退け、好調な打線の勢いで一気に乗り切るつもりだ。指揮官は「一日一日をしっかり戦っていく。(2ゲーム差の)阪神にはできるだけ近づき、すぐ近くにいる(次カードで対戦する)中日をたたかないといけない」と4位中日以下との差を...    
<記事全文を読む>