新外国人のドレイクが来日2試合目で初安打をマーク。チームメートから「ドリー」の愛称で呼ばれる陽気なキューバ人が能力の片鱗を見せた。

 「7番・右翼」で先発。三回の第1打席、外角へのスライダーを泳ぎながらスイングすると、打球は遊撃の深い所へ。懸命に一塁へ走り、間一髪セーフとなると両手を叩いて、激しく喜んだ。

 前日は4打席無安打。「きのうはプレッシャーを感じたが、きょうは打席に楽に入れた」。三回の守備では、右中間への打球をスライディングで好捕する美技も見せた。「守備は悪くないと思っている。チームのためになる」と胸を張った。

 チームメートからは「ドリー」という愛称が付けられた。映画「ファインデ...    
<記事全文を読む>