チャンスは必ず来ると信じていた。だから、諦めず、いつ呼ばれてもいいように準備と心構えをして備えていた。石垣島での春季キャンプ。三木亮内野手の名前がマスコミをにぎわすことはなかった。キャプテンの鈴木大地内野手がショートからセカンドへコンバート。空いたショートのポジションは3年目の中村奨吾内野手と2年目の平沢大河内野手の2人が争っていた。子供の時から内野一筋。中でも遊撃にこだわりをもっていた三木は注目が2人の後輩に集中する中で虎視眈々(たんたん)と出番を待った。

 「2人の名前が取り上げられるのは仕方がないと思っていた。でも、競争。オレにもいつか必ずチャンスは来ると信じていた」     □ ...    
<記事全文を読む>