プロ野球のマイナビオールスターゲーム2017の監督推薦選手が3日に発表され、ファン投票と選手間投票による選出を合わせたセ、パ両リーグ28選手ずつが出そろった。日本ハムからは監督推薦で谷元、レアードが選ばれた。腰の手術を受け出場辞退した近藤の代替選手には西川が選ばれた。ファン投票の大谷、中田を含めて計5選手が出場する。谷元と西川は初の球宴となる。

 選出回数は阿部(巨人)の13度が最多で、初選出は辞退した近藤を含め23人。新人ではDeNAの浜口とオリックスから山岡、黒木が選ばれた。

 14日にナゴヤドームで第1戦、15日にZOZOマリンスタジアムで第2戦が行われる。

...    
<記事全文を読む>