日本ハムは中田の11号2ランで先制したが、先発高梨が6回5失点と乱れ、中継ぎ陣も踏ん張れず大敗した。高梨は7敗目。大谷は1軍復帰後、初めて「5番・指名打者」で先発出場し、四球と二塁打だった。西武は中村が2本塁打4打点の活躍で連敗を5で止めた。

...    
<記事全文を読む>