日本ハムは先発上沢が6回1失点で2年ぶりの白星を挙げ、チームも4カードぶりの勝ち越し。打線は六回に大田、松本の連続弾で2点を先制し、八回はレアードの2ランなどで突き放した。ロッテは好投していた先発石川が五回に危険球で退場処分を受け、救援陣が失点を重ねた。

...    
<記事全文を読む>