中日は終盤に救援陣が打たれ、逆転負け。友利投手コーチは「逃げ切らないと。(広島の)好きなようにやられて話にならない」とまくし立てた。八回は岩瀬の制球が定まらず、田中を四球で出すと雰囲気が一変。犠打と安打で1死一、三塁とされた。又吉に交代しても、流れは変わらなかった。広島の鈴木に内角速球を捉えられた。

 この3連戦で8本ものホームランを浴びて3連敗。今季は広島で6戦6敗となり、自力優勝の可能性も消えた。

...    
<記事全文を読む>