東北楽天は9-10の八回、左腕の嘉弥真に岡島、ウィーラーが連打を浴びせて無死一、二塁と絶好の反撃機を築きながら、無得点に終わった。

 銀次が4球で空振り三振し、なおも1死一、二塁。今江が代わったばかりのサファテから本塁打性の大飛球を放ったが、右翼ポール際でファウルになった。その後、二走岡島がワンバウンド投球の隙を突いて三塁を狙ったが、あえなく憤死。2死二塁と同点機は続いたが、今江は空振り三振に倒れた。

 梨田監督は「(次打者の)アマダーに何とか回してほしかった」と残念そう。今江は「打撃の感触は悪くなかった。次に頑張る」と気持ちを切り替えた。

...    
<記事全文を読む>