東北楽天は守備のほころびから試合の流れを手放した。2点リードの五回に三本間の挟殺プレーで三走の生還を許す痛恨のミス。梨田監督は「美馬はガクッときたと思う」と振り返り「(この回の)7失点はあまりにも重かった」と唇をかんだ。

 五回、ソフトバンクは甲斐、上林(仙台育英高出)の連打で無死一、三塁。続く川崎の一塁前へのゴロで三走甲斐が飛び出した。送球を受けた捕手の嶋が帰塁しようとする甲斐との距離を詰められない。手間取る隙に三塁を狙った上林を刺そうと送球したが間に合わず、結果的に打者走者を含む全走者の進塁を許した。

 嶋は「あのプレーは自分の判断ミス。アウト一つを確実に取らないといけなかった。流れが...    
<記事全文を読む>