日本ハムがメキシコ・リーグのドゥランゴ・ジェネラルズから獲得したヤディル・ドレイク外野手(27)=右投右打=が30日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで入団会見を行い、「走攻守で100パーセントの力を出し、積極的にプレーする」と意気込みを語った。

 広角に打ち分ける巧打が持ち味で、守備では「肩の強さに自信がある」と話した。今季はメキシコ・リーグで71試合に出場して打率3割8分5厘、14本塁打。栗山監督は「起爆剤になってくれると信じている」と期待を寄せた。

...    
<記事全文を読む>