東北楽天の福山が、今季30試合目の登板も1回を自責点0で抑え、開幕から防御率0.00(失点は1)を継続するという抜群の安定感を見せた。

 4-3の七回に3番手でマウンドに上がり、1死から柳田の中前打と暴投の後、デスパイネに四球を与えて一、二塁。しかし、ここからピンチに強い持ち味を発揮し、長谷川勇、松田を厳しいコースで攻めて中飛と三ゴロに打ち取った。

 「1点差だったので本塁打(の危険性)をケアした。とにかく1点取られないように。四球は余計だったが…」と振り返り、「30という数字には興味ないです」と福山らしく淡々と語った。

...    
<記事全文を読む>