日本有数の白砂ロングビーチがある京都府京丹後市網野町の夕日ケ浦海岸でスポーツを楽しむ「サンセットビーチフェスin京丹後」が17日から2日間、開催された。18日はビーチバレー大会があり、白砂のコートで、出場者たちが白熱したゲームを繰り広げた。

 美しい砂浜海岸づくりへの理解を深めてもらおうと、市や地元の観光協会などの実行委員会が企画。今年は府北部を中心に、滋賀や兵庫などから男子と女子、混合の計29チーム、約150人が出場した。

 選手たちは、慣れない砂に苦戦しながらも、真剣な表情でボールを追いかけた。チャンスでポイントが決まるとチームメートとハイタッチして喜んだ。同志社大4年の西村優一さん(...    
<記事全文を読む>