バレーボール男子のプレミアリーグを8季ぶりに制し、全日本選手権との2冠を達成した東レが9日夜、三島市内で祝賀会と納会を開いた。梅田明東レ九鱗会会長らチーム関係者、支援者ら約200人が出席。選手は来季のスローガン「一心(いっしん)」を掲げ、心を一つに連覇達成を目指すことを宣言した。

 小林監督は優勝までの道のりを振り返り、「さまざまなドラマがあり、選手が踏ん張った。今後も結果を残し続けるために、さらなる支援を」とあいさつした。新体制としてレフト星野が新主将、センター黒木とセッター藤井が副主将を務めることが発表された。星野は「みんなで考えたスローガンのもと、もう一度チャンピオンを目指して頑張...    
<記事全文を読む>