秋田市は2020年の東京五輪・パラリンピックで選手に贈るメダルの材料となる金属を集めようと、使わなくなった携帯電話やスマートフォン、パソコンの回収に取り組んでいる。五輪に向け、資源の有効活用を進める大会組織委員会などの回収プロジェクト。市は「市民の日頃のリサイクル活動からメダルが生み出される。大会に参加するという意識で協力してもらいたい」としている。

 取り組みは大会組織委や環境省が進める「都市鉱山からつくる! みんなのメダルプロジェクト」。自治体ごとに回収した携帯電話、小型家電から金属を取り出し、大会で必要な約5千個のメダルを作製する。リサイクルにより金10キロ、銀1230キロ、銅73...    
<記事全文を読む>