日本体育協会(日本体協)副会長に就任した遠藤利明衆院議員(県1区)は29日、山形市の山形メディアタワーで寒河江浩二山形新聞グループ経営会議議長(山形新聞社長)と懇談、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた意欲を語った。遠藤氏は「日本全体の五輪・パラリンピックにしたい」と述べ、本県のものづくりを含め日本の最新技術や伝統文化を国内外に発信する考えを表明。選手育成とともに、ホストタウン構想を通じた日本全体での交流拡大を展望した。

 ―東京五輪・パラリンピックなどを控えての就任。意気込みを聞きたい。

 「日本体協は日本のスポーツの総本山で司令塔。大会組織委の会長代行、20年以降の地域スポーツの...    
<記事全文を読む>