佐賀県は29日、世界大会で活躍が期待される県在住・出身のアマチュアスポーツ選手を強化費で支援する「さがんアスリート」に、車いすテニスの大谷桃子選手(21)=西九州大2年、佐賀市=を認定した。パラリンピック出場を目指す選手を認定するのは初めて。

 大谷選手は栃木県出身。2016年6月に車いすテニスを始めた。高速サーブと鋭いショットですぐに頭角を現し、同年は三つの国内大会で準優勝。国内ランキング3位となり、日本車いすテニス協会の強化指定選手に選出された。

 今年に入ってからはオーストラリアや英国などでの世界大会にも参戦。古賀雅博コーチ(42)=小城市=と二人三脚で四大大会の頂点や、2020年の...    
<記事全文を読む>