山口県議会は29日、一般質問があり、吉田充宏(自民党)、佐々木明美(社民党・市民連合)、木佐木大助(共産党)の3氏が障害者スポーツの推進や改正組織犯罪処罰法への認識、下関市安岡沖の洋上風力発電事業などを取り上げた。村岡嗣政知事は、パラリンピック競技を体験できる「あいサポートスポーツフェスティバル」を10月に山陽小野田市で初めて開催することを挙げ、「社会全体で支える障害者スポーツの一層の推進に全力で取り組む」と意欲を示した。吉田氏の質問に答えた。

 吉田氏は、2020年の東京パラリンピックに向け、社会全体で障害者スポーツを推進することが必要と指摘し、県の取り組みを聞いた。

  村岡知事は、5...    
<記事全文を読む>