競泳男子自由形の坂本春空(さかもとはるく・13)=セントラル横手、美郷中2年=の成長ぶりが目覚ましい。3月に全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳大会の11~12歳200メートルで準優勝、100メートルで3位に入り、全国に名乗りを上げた。身体的にも記録的にも伸び盛りで、全国中学大会の出場権獲得とJOC夏季大会での上位進出という目標に向かって練習を続けている。

 坂本が水泳を始めたのは4歳の頃。体力づくりのためだった。秋田県横手市のセントラル横手に通い、力を付けてきた。現在も週5日は練習に通っている。

 指導に当たるセントラル横手の相沢亘輝コーチ(48)は坂本の泳ぎを「水中での動作、特...    
<記事全文を読む>