国内最高峰のラグビーリーグ「トップリーグ」(TL)のパナソニックワイルドナイツ(群馬県)が28日、シーズン前のミニ合宿を行う長門市に到着した。市内でTLのチームがキャンプを行うのは初めてで、市民ら約100人が宿泊先の同市深川湯本のホテル「山村別館」で選手らを歓迎した。

 市民らが「歓迎ようこそ!長門市へ!!パナソニックワイルドナイツ様」と記された横断幕を掲げ、バスから降りてくる選手やスタッフら約40人を出迎えた。山口県ラグビー協会の藤田雅史会長が地元特産品のかまぼこなどを関係者に手渡した。

 ロビー・ディーンズ監督は「大きな歓迎を受けてとてもうれしい。長門市はとてもきれいな場所で、試合がで...    
<記事全文を読む>