熊谷市が2019年のラグビーワールドカップ(W杯)の開催地であることを市内外の人に広く知ってもらおうと、市は7月20日からラグビーW杯を記念した原付バイク用のオリジナルナンバープレートの交付を開始する。

 市によると、W杯開催12会場の自治体で、原付バイク用オリジナルナンバープレートを導入するのは熊谷市が初めて。

 交付枚数は計3千枚で、50cc以下(白色)が2千枚、90cc以下(黄色)が300枚、125cc以下(ピンク色)が700枚。通常平仮名1文字で表記される部分は、「RUGBY WORLD CUP」の各単語の頭文字を取り、50cc以下が「R」、90cc以下が「W」、125cc以下が「...    
<記事全文を読む>