野外スポーツのオリエンテーリングの世界選手権(30日~7月7日、エストニア)に小野沢清楓(群馬大大学院)が出場する。4月に静岡で行われた代表選考会を突破し、昨年に続いて世界切符をつかんだ。走力も地図を読む力もレベルアップしたといい、「まずは去年の自分(予選敗退)を超えたい」と意気込んでいる。  おのざわ・さやか 1993年9月生まれ。藤岡小野中―高崎女高―群馬大―同大学院。趣味は登山。158センチ。  《メモ》 地図と方位磁石を用い、山野や公園などに設置されたポイントをたどってゴールまでの所要時間を競う。走る競技が一般的だが、スキーや自転車を使うものもある。

...    
<記事全文を読む>